Icon-72@2x

 皆さんはプロジェクトと聞くと,どの様な事を思い浮かべますか?
アポロ・プロジェクト?マンハッタン・プロジェクト?プロジェクトX?
確かに,そういった壮大ものもありますが,皆さんが普段している,仕事・家事・学業・就活といったものも全てプロジェクトです.

 

 

プロジェクトであるためには,3つの要素があります.
1.成果物があること.
2.期限がきまっていること
3.新規性があること

上記の3つの要素を含んでいるものは全てプロジェクトです.

例えば,「晩御飯を作る」これは家事ですが,立派なプロジェクトだと考えられます.
1.成果物があること    → カレーライスを完成させる.
2.期限がきまっていること → 夕食の時間までに完成させる必要がある.
3.新規性があること    → 材料から作り上げるので,2度と同じカレーはできない
全て当てはめる事が可能です.もちろん,コンビニ弁当を買って帰った場合は,プロジェクトではありません.新規性に掛けますからね.家事も立派なプロジェクトです.

もう一つ例を上げましょう.「株式会社 大福企画に就職する」これも立派なプロジェクトです.
1.成果物があること    → 内定をもらう.
(成果物が物理的なものとは限りません.サービスもありです)
2.期限がきまっていること → 卒業するまでに,内定ももらう必要があります.
3.新規性があること    → 株式会社 大福企画に就職するのははじめてでしょう.
やっぱり,全てを当てはめることができます.

因みに,プロジェクトとは異なる業務の事を「定常業務」と言ったりします.経理の方がされている伝票処理などはこれに当てはまります.もう少し例をあげると,「田中さんのメールに返事を返す」「週報を書く」「銀行にお金を振り込む」といった作業の事です.これはプロジェクトとはいえませんね.もちろん,田中さんに返すメールが斬新な企画のプレゼン資料なら別ですが,その場合は,「斬新な企画」自体がプロジェクトになって,「田中さんへのメール」はその中の1作業ですになってしまいます.

され,以上のことからわかるように,「旅行の計画」「大学入試」「営業活動」「子育て」..人生で取り組む大半の事は,プロジェクトとして捉える事ができますし,プロジェクトとして捉えて行動すべきです.なぜなら,そのほうが上手くいく可能性が高いからです.プロジェクト・マネージメントという言葉もご存知かと思います.プロジェクト・マネージメントは,プロジェクトが円滑に進むように管理することです.ここには多くのノウハウが詰まったツールがあります.

2223340202_724c3a2263_b

プロジェクトという言葉が声高に叫び始められたのは,冷戦時代のNASAだと言われています.ソ連に有人飛行で遅れを撮ったNASAは,月に着陸するという壮大な計画を立てます.アポロ・プロジェクトですね.この壮大な計画を進める上で,学術的に研究されていたプロジェクトを取り入れたと言われています.

プロジェクトを成功させるために,多くの研究者が研究してきたツールがあります.
例えばスケジュールを管理するために最適な「クリティカル・パス」進捗状況を見える化するための「アーンド・バリュー・マネジメント」など,様々なツールがあります.

その中の1つがWBSです.WBSとは,Work Breakdown Structureの略です.WBSを作成する目的は,ある目標を達成するための,全ての作業(タスク or アクションアイテム)を洗い出すことにより,目標を確実に達成することです.

 次は,WBSの作り方について学びましょう.